クリアネイルショットって本当に効果あり?

クリアネイルショットって本当に効果あり?

クリアネイルショットは医薬品じゃないのに本当に爪水虫に効果があるのかな?と疑問をお持ちの方、クリアネイルショットは本当に効果があります。

 

それは開発、販売元の北の快適工房さんのHPを見ればわかるのと、あとはいろんな人が良い口コミを書いていたり、ブログで改善の様子をアップしていたりします。
でもなぜクリアネイルショットは医薬品ではないのに効果があるの?と思う人はいると思います。日本で医薬品と呼ばれる製品は日本の薬事法に則って定められたもので、医薬品として申請し、承認を得たものだけです。

 

クリアネイルショットの成分は医薬品として申請しなければならない成分を含まない上に、薬事法に引っかからない成分ばかりを使用しているから医薬品ではありません。もう一つは、日本の薬事法は他の国の基準に比べて厳しいということです。

 

たとえば、頭痛薬の1回の飲む有効成分の量はどのメーカーもだいたい150r〜200rです。ただ、海外の頭痛薬のほとんどが250r〜500rなのです。
つまり、日本でいえば2回分の量を1度に摂取しても良いことになります。どこかの国では大麻は合法ですが、日本では麻薬です。

 

日本でもたばこがいつか麻薬法にひっかかればいいのにと思っている人は多いと思いますが、それは医療業界が困るのです。
JTも禁煙医療をする業界も、肺がんを治療する医者も病院も、日本でたばこが禁止されたら職務のいくつかを失います。

 

だから、薬だから、薬ではないから、天然成分だから良い、化学合成品だから悪いという決めつけはやめておきましょう。

 

純粋に成分を見て、良いと思えば使い、効かなければ、解約をする。もしくは最初から確実な医療に頼るという方法もあります。
そういう意味では水虫に限らず自然療法、普通の医療と、放ってほくとオプションがたくさんあります。

 

誰もどうしないといけないという強制はしないと思いますので、自分で必要な情報をピックアップして自分の頭で考えて選択するのです。毎日がそれの連続です。
クリアネイルショットは医薬品ではありませんが、爪水虫に有効とされる白癬菌という真菌を退治する天然の成分が含まれています。

 

それと、爪という固いところに入り込んでいる白癬菌まで届くようにただの塗り薬ではなくジェル状で、一定の時間をかけて爪とその境目の皮膚から吸収されるようにできていますので、少しずつ繁殖を続けていた爪水虫の原因が、少しずつ退治されていきます。
時間がかかるのは医療もクリアネイルショットも同じなのです。

 

それから、もう完治したと自己判断して使用をやめるよりは、やめる前に一度北の快適工房の専任アドバイザーが回答してくれる相談をWeb経由か電話でするといいと思います。

 

爪水虫は痒くないので、本当に完治したかどうかはなかなか見た目ではわかりませんので、専門家のアドバイスを参考にしてくださいね。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら